Gboardマスタークラス– Gboardキーボードのパワーユーザーになるための10のヒント

gboard

AndroidとiPhoneのどちらを使用していても、問題はありません。 GoogleのGboardは、現在市場で最高のサードパーティ製キーボードの1つです。持っていない場合は、インストールする必要があります。昨日のような。

しかし、それを持っている場合、その潜在能力を最大限に活用していますか?おそらくそれだけではありません!この記事では、Gboardマスターになるためのパワーユーザー向けのヒントをいくつか紹介します。さあ行こう:





#1 –入力するのではなく、ただ滑るだけです。その方がタイピングが速くなります

スワイプ入力(Googleではグライド入力と呼ばれます)は、これまでスクリーンキーボードで起こっていた最高のことです。また、Gboardは、キーボードの文字や数字をスワイプするだけで、最高速で優れたタイピング体験の1つを提供し、キーボードアルゴリズムに入力する単語をすばやく認識させます。タッチスクリーンデバイスで入力しているときに1文字ずつ続けてタップしている場合、Gboardで文字を滑らせたときに、なぜすぐにグライドを開始しなかったのか疑問に思います。 gboard

#2 –スペースバーはトラックパッドとして機能します

入力時に、ほとんどの画面キーボードでは、必要な場所にカーソルを正確に移動するのが少し面倒になる場合があります。カーソルを置きたい場所を指でタップする必要があります。巨大な指を持つ私たちのためのささいなこと。それは常に対象外です。

Gboardでは、スペースバーで指を前後にスライドさせるだけで、それに応じてカーソルが前後に移動します。



#3 –片手モード

iPhoneを使用している場合は、歯車のアイコンをタップして「片手モード」を選択するだけです。その後、矢印を使用してキーボードを左側または右側に切り替えることができます。フルモードに戻すには、展開ボタンをタップします。

Androidのユーザーは、スペースボタンの左側にあるコンマ(、)アイコンを押し続けます(押し続けます)。右に歯車アイコンと片手ボタンが表示されます。一度タップすると片手モードになります。

#4 –はい、あなたはあなたが望むすべてを罵倒することができます

私たちが不適切であると知っている限り、それは私たちの日常生活の一部です。それはある人々が話す方法です。 Gboardでは、テキストメッセージの送信中に本当の色を非表示にしたくはありません。カーソルを使用している場合は、相手を遠ざけることができます。



に行くだけ 設定>キーボード設定>不適切な単語をブロック オフに切り替えます。そうすれば、「攻撃的な」言葉がブロックされることはありません。

#5 –ダークモードを有効にする

ダークモードは新しいブラックです。誰もがそれを望んでいるだけで、今ではどこにでも提示されています。 Windows 10から、Gboardを含むさまざまなアプリケーション。単に行く 設定>テーマ 下の暗いオプションを選択します デフォルト

#6 –入力するのではなく、言葉を口述する

先に説明したように滑空は速くて楽しいタイピングですが、時にはよりハンズフリーのアプローチが必要な場合があります。キーボードに話しかけるだけで、すべての入力が行われます。 Androidでは、マイクアイコンを押してディクテーションを有効にすると、Gboardがあなたの言っていることを聞いてから入力します。 gboard



iOSユーザーは、スペースバーを長押ししてGboardのオーディオ録音オプションをアクティブにする必要があります。

#7 –キーボードで直接Google検索を実行する

誰かに何かを伝えようとしているのはわかっていますが、リンクを送信しただけなら自分を表現したほうがいいでしょう。 Gboardを使用すると、キーボードで直接検索を実行できます。探しているものが見つかったら、[共有]をクリックするだけで、入力した場所にリンクが送信されます。 gboard



#8 –すべての句読点にすばやくアクセス

ピリオドキーを押し続けると、最も一般的に使用される句読点を含むポップアップが表示されます。次に、目的の句読点の位置まで指をスライドさせます。

#9 –場所の共有

GPSがオンになっている場合は、Gboardから直接現在地を共有できます。 「G」アイコンをタップします。次に[マップ]をタップして、現在地を共有します。 gboard

#10 –大文字の単語の高速化

Caps Lockキーを1回タップしてから、大文字にしたい文字の上をスライドします。グライドで入力した単語を構成するすべての文字が大文字になります。グライダーを停止して画面を離し、グライダーを再開して次の単語を入力すると、自動大文字化が停止します。