Windows10緊急アップデートKB4078130リリース

Intelのバグのあるマイクロコードの結果として、MicrosoftはWindows 10以前のバージョンの緊急アップデートを公開してSpectre修正を無効にし、データの損失や破損を引き起こす可能性があります。

->

Microsoftは、Spectre(バリアント2)プロセッサの脆弱性を修正することを目的とした、Intelからのマイクロコード更新を無効にするWindows10用の更新KB4078130を提供しました。





最近、IntelはSpectreの脆弱性に対処するためにマイクロコードの更新を開始しましたが、更新には独自の問題があり、突然の再起動や、データの損失や破損など、予期しない動作が多数発生する可能性があります。

1月22日、Intelは、アップデートが修正されるまで、影響を受けるプロセッサへのアップデートのインストールを停止することをお客様に推奨し始めました。その結果、 マイクロソフトは現在、推進しています KB4078130を更新して、Intelマイクロコードの軽減を無効にし、デバイスが望ましくない動作をしないようにします。

KB4078130 のすべてのバージョンで利用可能です ウィンドウズ10 また、Windows7およびWindows8.1の場合と同様に、影響を受けるデバイスに更新プログラムを手動でダウンロードしてインストールし、CVE-2017-5715 –分岐ターゲットインジェクションの脆弱性として知られる緩和策を無効にすることをお勧めします。



この更新プログラムはWindowsUpdateからは入手できません。つまり、Microsoft Updateカタログからパッチをダウンロードし、ファイルをダブルクリックしてインストールする必要があります。

IntelのSpectre軽減を手動で無効にする方法

または、 マイクロソフトはまた、指示を提供しています レジストリに変更を加えるSpectre緩和策を手動で無効および有効にします。

警告: Windowsレジストリを変更すると、適切に使用しないと深刻な問題が発生する可能性があることに注意することが非常に重要です。続行する前に、自分が何をしているかを理解し、システムの完全バックアップを作成していることを前提としています。
  1. 開ける 始める



  2. 検索する コマンド・プロンプト 、一番上の結果を右クリックして、 管理者として実行

  3. 次のコマンドを入力して、無効化バリアント2を無効にします。CVE2017-5715″分岐ターゲットインジェクションを押して、 入力 各行:

    reg add 'HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory Management' /v FeatureSettingsOverride /t REG_DWORD /d 1 /f
    reg add 'HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory Management' /v FeatureSettingsOverrideMask /t REG_DWORD /d 1 /f

手順が完了したら、コンピュータを再起動して変更を適用します。



更新を再度有効にする必要がある場合は、次の手順を使用します。

  1. 開ける 始める



  2. 検索する コマンド・プロンプト 、一番上の結果を右クリックして、 管理者として実行

  3. 次のコマンドを入力してバリアント2を無効にします:CVE 2017-5715″分岐ターゲットインジェクションを押して 入力 各行:

    reg add 'HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory Management' /v FeatureSettingsOverride /t REG_DWORD /d 0 /f
    reg add 'HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemory Management' /v FeatureSettingsOverrideMask /t REG_DWORD /d 1 /f

手順が完了したら、デバイスを再起動して変更を適用します。

ソフトウェアの巨人によると、Spectreの脆弱性が何らかの形で顧客を攻撃するために使用されたという報告はまだありません。ただし、Intelが問題を修正したら、緩和策を再度有効にすることもお勧めします。